「保存版」正しい紫外線対策の基本

紫外線予防の基本

紫外線を予防する方法の基本は、何といっても「日焼け止めクリーム」を塗る事です。

日焼け止めクリームの効果を理解するには、日焼けには「サンバーン」と「サンタン」という、2つの種類がある事を理解しておく必要があります↓

サンバーン
  •  紫外線を浴びた後で、すぐに皮膚が赤くなりヒリヒリするような日焼け。
  • 「UVB」というタイプの紫外線が原因で、ひどい場合は水ぶくれができたり、火傷の状態にまでなる。
  • 2〜3日でおさまり、サンタンに移行する場合が多い。
サンタン
  • 肌が褐色に色づいた状態で、痛みはほとんどない。
  • 日焼けの痛みが収まった後でなる事が多い。
  • 「UVA」というタイプの紫外線が肌の奥まで浸透し、メラニンの生成を活性化させるので黒くなる。

 

SPFは30と50どちらがいい?

サンバーンを防ぐための日焼け止めは、「SPF(Sun Protection Factor)」の数値が高いものを選ぶようにします。SPFの数値が高いほど、日焼けによるヒリヒリや痛みを抑える能力が強めです。

SPFには「SPF30」や「SPF50」などの記載があります。

SPF30とは、何も塗ってない状態に比べて「サンバーンになる時間」が30倍遅らせる事ができるという意味。SPF50なら50倍遅らせる事ができる事になります

強いほどいいのでは?と思ってしまいがちですが、数値が高くなるほど肌への負担も増えるので、一般的にはSPF30程で十分。また、SPF50を使うならSPF30を塗り直した方がいいのでは?という意見もあります。

 

PAはどれぐらいの数値がベスト?

サンタンを防ぐためには「PA(Protection Factor of UVA)」の数値が高いものを選ぶようにします。日焼け止めクリームには「PA+」のような記載があり、最大で「PA++++」の4段階。

UVAの防止効果について、それぞれ次のような意味があります↓

  • PA+:UVA防止効果がある
  • PA++:UVA防止効果がかなりある
  • PA+++:UVA防止効果が非常にある
  • PA++++:UVA防止効果が極めて高い

PAも数値が大きくなるほど能力が高くなる分、肌への負担も増えていきます。

SPFやPA値を実現するアイテムには「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」等が使用されます。

「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収して熱エネルギーに変換するのですが、この際にアレルギー反応や炎症、カサつきの原因になる場合が。

また「紫外線散乱剤」は、量を増やすほどドロっとするので、肌なじみが悪かったり白浮きしたりする場合もあります。

なので、日常使い程度なら「PA++」を。お出かけシーンには「PA+++」。アウトドア、プール、海に行く等の日差しが強い場面では「PA++++」等ように、使う場目に合わせて使い分ける事がポイントです。

 

日焼け止めクリーム以外の紫外線予防方法

日焼け止めクリーム以外の紫外線を予防する方法としては、次のような方法があります↓

日傘や帽子の利用 UVカット数値の高い日傘を利用したり、つばが長めの帽子をかぶる事で予防。日焼け止めクリームと併用すると、より高い効果が期待できます。
サングラス 紫外線による日焼けは分かりやすいので予防しやすいですが、意外に気づきにくいのが「目」の紫外線予防。特に日本人に多い白内障等は紫外線が原因の病気の代表的なものです。
飲む日焼け止め 「日差しケア」系のサプリ。継続する事で、内側からサポートをしてくれます。

当サイト売れ筋ナンバーワン!

ホワイトヴェールは、UV対策サプリで最もメジャーな成分「ニュートロックサン」高配合の「日差しケア」サプリ。

さらに美容成分も入ってるのが特徴で「コレ、ひとつでいける!」と専門家がリピートするサプリです。

980円で試せて全額返金保証付きなのは、商品に自信があるからこそです。

■ ケース別 「日差しケアサプリ」ランキング

 手軽に試しやすい

単品の販売あり。定期便は「いつでも解約OK」で購入回数縛りがない等の条件を満たすオススメを紹介。

1 noUV CareWhite
2 P.O.L.C
3 REBLANC COAT

詳しく見る

 定期で続けやすい

サプリの成分量に対して定期便価格のコスパがいいものを紹介。オールシーズンでケアを続けたい時に。

1 Ceramide Fine
2 REBLANC COAT
3 まっしろ美白習慣

詳しく見る

 成分の種類が豊富

「日差しケア成分」+「美容成分も豊富」なオススメを紹介。オールインワンでケアしたい人におすすめ!

1 MASTER WHITE
2 Ceramide Fine
3 REBLANC COAT

詳しく見る

サブコンテンツ